Monthly Archives: 8月 2014

ユリーフでPE(早漏)を改善?

早漏の事を英語でEPといいます。
早漏は薬で改善する事ができるので専用の薬が製造されていますが、早漏改善目的以外にも違う病気を治す目的で使われる事もあります。
薬の種類はいろいろありますが、ユリーフでPE(早漏)を改善できます。
ユリーフは日本の大手製薬会社の二社が、共同開発した錠剤タイプの薬です。
色は白く楕円形で、真ん中に線が入っています。
一般ではシロドシンという薬名で、前立腺肥大症が原因で起こる排尿障害を改善する目的としても使われます。
早漏改善を目的として服用するなら服用方法が必ず書いてあるので、書いてある通りに服用すると良いです。
ユリーフは朝食後と夕食後30分以内に服用します。
1日2回服用しますが食事をしていなかったので服用していないという時は、その回の服用を避けて、次の食事の後に1回分を服用すると良いです。
1度の食事で前のぶんも合わせて服用する必要はないです。
誤って前回のぶんも合わせて服用すると気分が悪くなり吐き気や下痢、頭痛や立ちくらみなどが出てきます。
ユリーフを手に入れるには病院で手に入れる方法と、インターネットで手に入れる方法があります。
ユリーフは男性専用の薬ですので絶対に一緒に住んでいる女性の家族が、誤って服用しないように気をつける必要があります。

射精の指令を出すのは脳

多くの人は射精というのは体が刺激を受けると勝手に行なうものだと思っていますが、実は射精というのは体だけではなく脳も重要な役割を果たしているのです。
世の中の多くの男性は出来るだけ射精までの時間を引き延ばしたいと考えています。
しかし、どうしても我慢することが出来ずに早く射精してしまう、いわゆる早漏という状態に悩んでいる男性も少なくありません。
射精というのは肉体的刺激は勿論大事な要素ですが、実は最終的に射精の指令を出すのは脳なのです。
逆に言えば、肉体的にまだ満足していなくても脳が指令を出すことで勝手に写生してしまうということもありうるというわけです。
多くの男性は早漏の原因が敏感過ぎる性器に問題があると思い込んでいますが、その強い思い込みが脳に勘違いをさせてしまい、結果として満足できない射精となってしまうことがあるのです。
仮に性器が過敏でそれが原因によって射精をしてしまっても、脳の動きと不一致が無ければ満足感を得られないということはありません。
しかし、そこに不一致がある場合には早く射精してしまうだけではなく、満足感も得られないということになってしまうのです。
あまりに早く射精してしまうという人は、もっとリラックスするようにすると共に自分の興奮をコントロールするように努力してみましょう。