PE(早漏)の原因はマスターベーションの習慣

日本人男性の多くが悩まれているPE(早漏)とは、異性との性行為においてパートナーとなる女性を満足させる前に男性側が果ててしまうことを言います。
性機能に何らかの障害があると訴える男性の中でも、実に30%もの男性が早漏であると言われています。

早漏の主な原因として考えられることは、過度なマスターベーション(自慰行為)のせいであると言われます。
日頃から自慰行為をやり過ぎてしまうあまり、いわゆる「三擦り半」でオーガズムに達してすぐに射精してしまうため、これが通常の性行為にも大きく影響してしまうのです。

その他の原因としては、性的なトラウマや幼少期に体験した深層心理における抑うつ的な感情が、こうした症状の原因となっている場合が多いようです。
身体的には特に異常が見つからないものの早漏が治らない…といった場合には、このように心因性の症状として早漏が引き起こされていることも考えられますので、具体的なカウンセリングなどを受けたり、PE(早漏)治療薬を服用するなどしてみることをお勧めします。
最近では、ダポキセチンと呼ばれる早漏を治療するための医薬品成分がすで存在しており、薬 通販を利用することで病院へ行く手間もなく入手することは可能となっています。

また、早漏とは逆に「遅漏」と呼ばれる症状もありますが、自慰行為のやり過ぎなどで陰茎にダメージが残り感覚神経が麻痺してしまい、女性の膣内に陰茎を挿入した際に感じるやわらかな刺激や、温かい挿入感では十分に満足できない状態となってしまい、これによって遅漏の症状が引き起こされると言われています。
この場合も同様にカウンセリングなどを受けるか、治療薬を利用して改善を図っていくことが大切です。

どちらの場合にも現代の医学では治療が可能な症状ですので、男性としての尊厳を失ってしまったと嘆くことなく、諦めずに治療・改善をしていきましょう。

■早漏にスーパーPフォース